人物

長谷川京子が整形で顔が変わりすぎ?若い頃から現在までの顔立ちを時系列順に検証してみた

クールな印象でさまざまな役柄をこなし、異性はもちろん同性からの人気も高い女優・長谷川京子さん
端正なお顔立ちが印象深いですが、実は若い頃と比較してみるとかなり顔が変わっていると噂です。

今回は長谷川京子さんに流れる整形の噂を確かめるとともに、お顔立ちの変化を画像を使って検証していきましょう。

こちらの記事では、

  • 長谷川京子が整形で顔が変わりすぎ?
  • 若い頃から現在までの顔立ちを時系列順に検証してみた

 
についてご紹介します。

長谷川京子が整形で顔が変わりすぎ?

まず、長谷川京子さんのプロフィールをまとめてみましょう。

  • 生年月日:1978年7月22日 年齢:45歳 (2024/02/25現在)
  • 出身地:千葉県
  • 身長:166cm
  • 血液型:B型
  • 代表作:「ミストレス~女たちの秘密~」「スタアの恋」「おいしいプロポーズ」など

長谷川さんは、「いつ年を取ったんだろう」と思わせるほど変わらない容姿で話題になることも。
モデルとしてブームを巻き起こした時代から、何一つ劣化していないようにも見えます。

若い頃から変わらず彼女のファンだという人も多く、まさに「憧れの存在」といえるでしょう。

一方、デビュー当時の長谷川京子さんはというと、今とは少し印象が異なるように見えます。

長谷川京子さんが雑誌「CanCam」の専属モデルとしてデビューしたのは高校3年生のこと。
もちろん当時と今ではメイクやヘアスタイルの流行も異なりますが、年齢を重ねるにつれアンニュイな雰囲気が増しているようにも思えますね。

この変化が、巷では「整形なのでは?」といわれる理由のようです。

もちろん、整形したからといってそれらがすべてネガティブなコメントというわけではなく、「整形しても綺麗!」「憧れる!」という声も多いもの。
しかし中には、元々美しかった長谷川京子さんがどうして整形にチャレンジしたのか疑問を感じる人も少なくありません。

続いての見出しでは、歴代の長谷川京子さんを画像で見比べながら、どこがどう変化していったのか検証してみましょう。




若い頃から現在までの顔立ちを時系列順に検証してみた

まず、モデルとして活躍していた長谷川京子さんがこちらです。

 

当時流行していたキリッと眉が特徴的で、異性というよりも同性から憧れられる存在でした。
アーモンド形の目が印象深く、パッと見ただけでも整ったお顔立ちをしていることが分かります。

 

こちらは、2006年放送のテレビドラマ「おいしいプロポーズ」で主演を務めた際の画像です。
大まかな印象は変わっていないように見えますが、30歳手前ということもあり大人っぽさも増しているのが分かります

 

こちらは、2014年放送のテレビドラマ「夏の終わりに、恋をした。」に登場した頃。
当時36歳であった長谷川京子さんですが、この頃も最初と変わらない印象ですね。
もちろん美を保つための美肌メニューを取り入れている可能性はありますが、大幅な整形はしていないように見えます




 

では、こちらはどうでしょうか。
2019年開始の「グータンヌーボ」にて、司会を務める長谷川京子さんのお姿です。これまでと比べると大人っぽく落ち着いた印象に変わっていますね。
とはいえどこをどう変えたかというよりも、単純に加齢や出産によって顔の脂肪が落ち、今までのふっくらとした印象から変化したようにも思えます。

これに対し最近のお顔立ちはというと、変わったと思われるのはやはり「口元」
口角を上げて写真を撮るよう意識しているのに加え、「口角挙上」と呼ばれる施術やヒアルロン酸注入などをしている可能性も考えられます。
目元の変化も分かりやすいですが、こちらは二重幅を広くしたり、目頭を切開したりといった比較的チャレンジしやすい施術に留まるでしょう。
眉毛が太く凛々しくなり、目力がアップしたのも変わったように見える理由といえそうです。





長谷川京子が整形疑惑まとめ

年齢を重ねるにつれ、魅力が変化していく長谷川京子さん。そのときに求められているニーズと流行りの顔立ちを意識しながら、常に女性たちの憧れとして存在し続けるでしょう。
彼女が今後どのように変化していくのか、また女優としてどのような活躍を見せるのか目が離せない日々が続きそうです。

error: Content is protected !!