人物

やす子の壮絶な生い立ち!家族関係と児童養護施設やイジメの過去を調査

やす子生い立ち

最近、CMやバラエティー番組と大活躍の、やす子。
高校生のトレンドランキングでは今、一番好きなタレント・芸人は?の質問に堂々と1位にランキングしてましたね。
参考サイト:
YAHOO!ニュース/2024年「高校生最新トレンドランキング」全15項目発表

明るく元気で、自衛隊経験もある異色な芸人というイメージですが、その過去は壮絶な人生だということがわかりました。

この記事では

  • やす子の壮絶な生い立ちと家族関係
  • 児童養護施設やイジメの過去

について、調べたことを解説します。

やす子プロフィール

名前: やす子
本名: 安井かのん
生年月日: 年齢:25歳 (2024/06/23現在)1998年9月2日
身長: 154㎝
体重: 非公開
血液型: A型
出身地: 山口県宇部市
出身高校: 山口県立宇部中央高等学校
コンビ名: 新人類
               相方は高校時代の友人
事務所: ソニー・ミュージックアーティスツ

やす子公式サイト

やす子の家族関係と幼少期

やす子の壮絶な生い立ちには家族関係と幼少期のが背景になっています。
ここでは、やす子の父母と妹の関係について紹介します。

参考:
ウィキペディア

やす子の家族構成と父親の背景

やす子は2歳の時に自衛官であった父親が家を出てしまい、その後は音信不通になったそう。
父親が去った後、家族は極貧生活に直面し、家族全体に大きな影響を及ぼしたのはいうまでもありません。
父親はかつて自衛官として勤めていたのですが、その後の家族との関係はほとんど明らかにされていません。
父親が家を去った後、やす子と妹を育てたのは母親だったのですが、一家の大黒柱を失ったので家族は極貧生活に直面したようです。

やす子と父親の再会が話題に

お笑いタレントのやす子さんが、2023年2月20日に放送されたバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演しました。
その番組でやす子は笑いタレントとしてブレイクしてからある日、自身のSNSに寄せられた連絡を通じて、父親と再会できたと語っていました。
この再会は感動的なもので、父親とのつながりを再構築するきっかけとなったようです。

以下に『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した時に、やす子が語った内容を引用します。

SNSで、自分の個人情報かつ生まれた時間、日にちを知ってる人からリプライが来たんです。

なんで知ってるんだろうと思って聞いたら、自分のお父さんで。

23年会ってないお父さんに連絡を取れて、再会することができました。

芸人になってよかったなぁと思った瞬間ですね

父親も元自衛官、自分の生き写しを見ているようだった

父と娘の親子関係築けていけたらと思います。(自分の)家庭はバラバラ、それをつなぎ止められたら良いと思っています。なるべく死ぬまでに親孝行できたらいい。
心の整理はついていないですが、これからお父さんと思えるように接していきたい
自分を娘と思ってくれる人がいるというのがすごくうれしかった

『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、父親から、やす子さんへの手紙が紹介され、感動的でした。

かのんへ

一昨年、おじいちゃんがテレビで「かのん」を見つけて「まさか」と思って調べたら本当に「かのん」で驚きました。

気が付いたらSNSで連絡していました。突然の連絡で驚いたでしょう?

去年、再会できた時、本当に感動しました。お母さんそっくりな姿に驚きました。

幼い頃の照れながらヨチヨチ歩きで私の方に寄ってくる姿が今でも目に浮かびます。

20年もの間会うことができず、父親として何もできなくて、いっぱい寂しい思いをさせてごめんなさい。

これからもう一度、父と娘の親子関係を築いていけたらと思っています。

今度、旅行にでもいきましょう。

これからも大変だろうけど芸能界での活躍を陰ながら応援しています。

お体には、くれぐれも気を付けて頑張ってください。

お父さんより

 




▲ 目次に戻る

やす子と母親の関係と極貧の生活

父親が家を去った後、やす子と妹を育てたのは母親です。
母親は一人で家族を支えようと奮闘したのですが、生活は非常に苦しく、
やす子は児童養護施設で過ごすこともあり母親との関係は複雑だったそうです。
母親は育児放棄の疑いも言われてますが、女手1人で子供を育てる家庭となればやむを得ない事情もあったはずでしょう。

「子どものころ、本当に家庭環境がよくなくて、テレビがなく、洗濯機もなくて。友達の家の水道で服を洗わせてもらったりだとか、
ご飯もちゃんと食べれなくて給食で、いかに食べて食欲を満たすことができるか、という環境だった」と語り
「社会に出てもやっていけるたくわえもなくて、助けてくれという思いで自衛隊に入ったので、まったく志も特になく、逃げる感じで入った」と明かした。

参考サイト:
スポニチ/やす子 自衛隊に入った理由語る 苦しかった生活「助けてくれという思いで」

世界頂グルメでは、やす子がセネガルで本当の家族のように仲良くなったというX(旧Twitter)

やす子の生い立ちを知れば知るほどに視聴者も感動しますね!
 

[ad5]
▲ 目次に戻る

やす子は生きるために自衛隊に入った

「生きるために自衛隊に入った」生活が苦しかったため「衣食住そろう」ことが就職の決め手だったと告白。

 部活の顧問に「就職先ないんだったら“自衛隊”に入ったら」と言われたやす子は「自分の性格が“イエスマン”というか断らない性格だったので、断り方を知らなかったので“じゃあ分かりました”」と入隊の経緯を明かした。

「明るいキャラクターって思われがちですけど、わりと根暗で人見知りでいろんな地獄を見てきた」とコミュニケーションを取るのが苦手だったやす子。
「自衛隊に入るのが決まってちょっと明るくなったというか、未来が明るくなった」と一筋の光が差し「自衛隊ではちゃんと活躍できる人になろう」と決心したという。

 「筋トレとかして入隊して人生で一番真面目でしたね超ストイックでした」と語り、「(自衛隊では)きつい訓練をするときほど本性が出ると言われていて、疲れてきたらネガディブになってきてた」分析したやす子は「結局、ネガティブになっても何も解決しない」と自衛隊で学び、今につながっているという。

参考サイト:
スポニチ/やす子「生きるために入った」自衛隊 「ネガティブになっても何も…」今につながる学び

現在のやす子と母親の仲良し状態

やす子の母親は、彼女が幼いころ育児放棄の状態で、家庭の困難な状況や自らの悩みによって母親は精神的に追い詰められ、やす子との関係が希薄になってしまったようです。
母親が一人で家族を支えるストレスが大きく、やす子は母親からの愛情を十分に受けられなかったのです。
その結果、やす子は精神的な孤独感を抱えることとなり母親が家を出ることが多く、やす子は妹と共に二人で過ごす時間が増えたので長女としての責任感も芽生えたようですね。
しかし、やす子が成長し芸人としてのキャリアを積むにつれて、母親との関係は次第に改善されてきた。やす子は母親の過去の行動について理解を深めました。
現在、やす子と母親は定期的に連絡を取り、一緒に過ごす時間を大切にしている。
母親もまた、やす子との関係を修復するために努めているのが伺えます。
やす子が妹や友人との関係を通じて得た感謝の気持ちが、母親との関係改善に大きな役割を果たしているのでしょう。
現在、やす子と母親は互いの存在を尊重し合い、過去の困難を乗り越えることで、より強い絆を築いているようです。

複雑な家庭環境だったんで、16歳から22歳くらいまで母とは疎遠で。芸人になってから会うようになって。
2歳の時に別れた生物学上の父親がいるんですけど、その父親から22年ぶりに“もしかして安井かのんさんですか?”ってSNSで連絡が来て」とやす子の本名で問い合わせがあったといい、「自分の生き別れた父親と会うことができたんです。芸人になってすごい縁が広がった」と語った。

参考:
スポニチ/やす子 2歳で生き別れた「生物学上の父」と再会 「SNSで“もしかして安井かのんさんですか?”って」

やす子のX(旧Twitter)では、母親との関係についてあげていました。

やす子の妹との絆

やす子には5歳年下の妹がいます。
妹とは非常に仲が良く、辛い時期を共に乗り越えてきました。
妹はいつもやす子を笑顔にし、やす子もまた、妹のことを守ろうと常に心掛けていたようです。
このようにして、やす子と妹はお互いを大切にしながら絆を深めていったのであった。
やす子が学生時代にいじめにあっていた時期、妹はそのことを知りながらもやす子を励まし続け
給食の時間になると、やす子は自分が満足に食べられないことが多かったが、妹は常にやす子のことを気遣ってくれました。
その優しさは、やす子にとって大きな慰めとなった。やす子は妹のために何かができることが嬉しく、妹もやす子の優しさに感謝していたのですね。
この二人の絆は、やす子が芸人としてのキャリアを積む中でも変わらず、今もなお強い結びつきを持っており、やす子と妹の関係は、互いへの絶え間ない愛情と支え合いから成り立っています。

▲ 目次に戻る

児童養護施設での壮絶な過去

やす子は幼少期に極貧の生活を送り、最終的には児童養護施設で過ごすことになったようです。

やす子の児童養護施設での保護の経験





▲ 目次に戻る

極貧生活と学生時代のイジメ

学生時代のいじめについて言及した。すると、やす子は「高校生の時に、女の子たちと女子高みたいにご飯食べている時に、スゴいネチネチした子がいたので、“〇〇ちゃんってホント女子だよね”って言ってからハブられて
ずっと便所で3年間ご飯食べてて」と高校時代にいじめられていた過去を明かした。

 「便所でご飯、あとは図書室で過ごすってことをやっていた」としたうえで「人とうまくいかないことが多いです」ともらした。

参考サイト:
スポニチ/やす子 「ずっと隠していたかった」高校時代のいじめ告白「ずっと便所で3年間ご飯食べてて

やす子の学生時代は一層の試練に満ちていました。
家庭の経済状況は依然として厳しく、日々の生活もままならない中での学業は非常に過酷だったようです。
その上、学校ではイジメを経験し、精神的にも肉体的にも大きな負担を強いられました。
しかし、彼女は諦めることなく前を向き続けた。妹との強い絆がその支えとなり、共に困難を乗り越えました。
やす子の学生時代におけるイジメは彼女を深く傷つけたのですが、それが彼女の笑顔とユーモアの源となり、芸人としての活動において大きな影響を与えていると言っていいでしょうね。


 





▲ 目次に戻る

やす子の壮絶な生い立ち!家族関係と児童養護施設の過去まとめ

  • やす子の壮絶な生い立ちと家族関係
  • 児童養護施設やイジメの過去

について解説しました。

やす子の過去の経験は、彼女が現在の芸人としてタレントとしての舞台で輝くための原動力であり、その強さと明るさは私たちに希望と勇気を与えています!

今後も応援していきます^^

error: Content is protected !!