美容・ファッション

キュレルの化粧水でニキビ増えたのは何故?効果のある成分は?乾燥肌や敏感肌におすすめの使い方とは

キュレルの化粧水でニキビ増えたのは何故?効果のある成分は?乾燥肌や敏感肌におすすめの使い方とは

近年はドラッグストアで買えるものの中にも、ニキビや乾燥院効果を発揮する優秀アイテムが多く見られるようになりました。そのうちの一つとして人気なのが「Curel(キュレル)」。肌タイプごとにシリーズを選べるようになっており、自分に合ったアイテムを見つけやすいのが特徴です。

今回はそんなキュレルの化粧水で、「ニキビが増えた」とのコメントがあるのはどうしてなのかといった理由を探ってみました。ニキビに悩む人がキュレルを使うにはどうしたら良いのか、乾燥肌や敏感肌におすすめの使い方と共に確認していきましょう。

こちらの記事では、

  • キュレルの化粧水でニキビ増えたのは何故?
  • 効果のある成分は?
  • 乾燥肌や敏感肌におすすめの使い方とは

 
についてご紹介します。

キュレルの化粧水でニキビ増えたのは何故?

「キュレルの化粧水」といっても、その種類はさまざま。大きく分けても4種類のシリーズがあり、肌状態に合ったものを選びやすくなっています。

潤浸保湿 フェイスケアシリーズ 乾燥の気になる方やそれに準ずるトラブルに悩む方
皮脂トラブルケアシリーズ 皮脂の感情分泌やニキビ・毛穴の開きに悩む方
美白ケアシリーズ シミやソバカス・ニキビ跡などの色素沈着に悩む方
エイジングケアシリーズ 乾燥がひどい方や小ジワ・たるみなどが気になる方

 

一見ニキビとは無縁のラインナップに見えますが、逆に「ニキビが増えた」と感じるのはどうしてなのでしょうか。




まず第一に考えられるのは、キュレルに変えたことで肌のターンオーバーが正常化し、今後出る予定だったニキビが一気にあらわれたということ。徐々に出るはずだったニキビがバッとあらわれるため驚いてしまいがちですが、その後は肌が安定しトラブルが起こりにくくなった……というケースも珍しくありません。

もう一つは、単純に使うシリーズが肌に合っていなかった……という点。ニキビだけに注目し「皮脂トラブルケアシリーズ」を選んだが、実際にはインナードライ肌で水分が不足していたというケースも見られます。美白をしようと「美白ケアシリーズ」を選んだら、自分の肌には刺激が強すぎたという方も。

キュレルの化粧品は赤ちゃんでも使えるような低刺激処方で話題となっていますが、季節の変わり目や乾燥の時期などは誰の肌であっても敏感なものです。まずはトライアルセットから試すなどし、「もしかしたら肌トラブルが起こるかも」という危機管理は怠らないようにしましょう。

 




▲ 目次に戻る

効果のある成分は?

続いて、キュレルにはどんな注目すべき成分が配合されているのでしょうか。各シリーズの「化粧水」に焦点を当て、そのはたらきを見てみましょう。

潤浸保湿 フェイスケアシリーズ

 

・商品名:潤浸保湿 化粧水 Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ【医薬部外品】
・内容量:150ml
・価格:1,980円
・有効成分:アラントイン





皮脂トラブルケアシリーズ

 

・商品名:皮脂トラブルケア 化粧水【医薬部外品】
・内容量:150ml
・価格:1,980円
・有効成分:アラントイン

美白ケアシリーズ

 

・商品名:美白ケア 化粧水 Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ【医薬部外品】
・内容量:140ml
・価格:2,530円
・有効成分: L-アスコルビン酸 2-グルコシド

エイジングケアシリーズ

 

・商品名:エイジングケアシリーズ 化粧水
・内容量:140ml
・価格:2,530円
・有効成分:アラントイン

アラントインとは、肌をダメージから守り、炎症を抑える効果が期待できる成分。うるおいを与える前に、肌を健康的な状態へと導きます。

美白化粧水に含まれているL-アスコルビン酸 2-グルコシドは、メラニンの生成を防ぐだけでなく、出来てしまった黒色メラニンを淡色化させるはたらきを担います。ピンポイントで濃いシミを消す……というよりも、顔全体のトーンアップやくすみをケアできる製品といえるでしょう。





▲ 目次に戻る

乾燥肌や敏感肌におすすめの使い方とは

どのシリーズをとっても乾燥肌や敏感肌が使いやすいよう設計されているキュレル。基本的な使い方はシリーズで共通しているため、こちらの動画を確認しておきましょう。

  • STEP1
    適量を取る
    3~4プッシュ程度を手のひらにとる
  • STEP2
    広げる
    手のひらに広げたら顔の中心から外に塗り広げる
  • STEP3
    なじませる
    頬や額を中心から外になじませたら、鼻や口・目の周りも忘れずに浸透させる
  • STEP4
    重ね付け
    乾燥しやすい口や目元は重ね付けする

工程の中で、特に重要となるのが「重ね付け」。美容業界ではおなじみとなっているやり方であり、一度では浸透しきれなかった化粧水を再び入れ込むことで入念な保湿が叶います。乾燥が気になる季節やエアコンの風があたる場所では、特に化粧水の入れ込みを重視して過ごしましょう。





▲ 目次に戻る

まとめ

どのシリーズも低刺激で使いやすいキュレルの化粧水。ドラッグストアでいつでも購入可能な手軽さも人気の理由といえるでしょう。自分に合ったものを選ぶためにも、トライアルセットの利用も検討してみてくださいね。