K-POP

SUPERJUNIORメンバー死亡ってどういうこと?

SUPERJUNIORメンバー死亡ってどういうこと?

ネットで「SUPERJUNIOR メンバー」と調べると検索予想欄に「死亡」という言葉が必ず出てきます。

メンバーの誰かが亡くなったのでしょうか。

どういうことなのか、調べてみました。

メンバーの家族

メンバーの誰かが亡くなったのかな?と思いがちですが、実はそうではありませんでした。

実際に「SUPERJUNIOR メンバー 死亡」と検索してみると、メンバーのご家族がなくなったニュースが表示されます。

2014年1月5日にリーダーであるイトゥクさんの父、祖父母が同日に亡くなったというものです。

2012年10月30日入隊したイトゥクさんはこの時軍服務中でした。

とはいえ、イトゥクさんの両親は幼い頃に家庭内不和で離婚しています。

大変苦しい環境で育ったと告白しており、イトゥクさんは幼少期にDVも経験したと入隊前の番組で語っていました。

両親の離婚後は母親と姉と暮らしていたようです。

父親は事業がうまくいかず、認知症の祖父母の介護もあり、うつ病を患っていたとのこと。

警察は遺書もあったことから、極端な選択をしたようだと発表しています。




飼い犬事件

2017年9月30日にメンバーのシウォンさんの愛犬(フレンチブルドック)が、エレベーター内に飛び込み、エレベーターに乗っていた50代の隣人女性(有名レストランの経営者)に噛みつきました。

その女性は敗血症で噛まれてから6日後の10月6日に亡くなったという事件です。

問題はシウォンさん一家の犬の管理にありました。

元々、噛み癖がありSUPERJUNIORメンバーも噛まれたことがあったようです。

メンバーからも「あれは犬じゃない、豚だ。躾をしろよ。」と苦言を呈されることもあったと言います。

そんな噛み癖のある犬をリードもつけずに自由にさせていたことも明らかになり問題に発展します。

愛犬を溺愛していることでも有名だったシウォンさんは、事件後も愛犬の誕生パーティーを行った映像を公開するなど、その態度にも批判が集まりました。

結局、事件から21日後の10月21日にSNSで謝罪することになりましたが、その後しばらく活動を控えることになりました。

敗血症とはどんな病気なのでしょうか、調べてみました。

敗血症は、細菌などの病原微生物に感染し、体がその微生物に対抗することで起こるさまざまな状態のことで、全身性炎症反応症候群ともいいます。
治療が遅れると、全身のバランスが崩れ、低血圧による意識障害などを引き起こしてショック状態となります。
引用元:済生会

遺族は訴訟を起こすことも考えたそうですが、亡くなった女性がシウォンと仲が良かったことなども考慮し、訴訟などは起こしていません。




メンバーがカッコよすぎて

SNSで調べてると、カッコよすぎて死亡というものが、ほとんどでした。

ビジュアルがかっこよすぎるということですね。









SUPERJUNIORメンバー死亡ってどういうことまとめ

SUPERJUNIORメンバー死亡ってどういうことについてのまとめです。

検索ワードに多く出てくる気になるワードですが、実際にはメンバーが亡くなったわけではありませんでした。

2005年にデビューしたSUOERJUNIORメンバー。

紆余曲折を経てこれまで活動してきていますので、色んなことが起こったことがわかりますね。

20年以上続いているグループですので、今後も長寿グループを目指して頑張って欲しいです。

最後までお読みいただき有難うございました。

error: Content is protected !!