話題

ベースフード(BASEFOOD)の口コミが良いって本当?パンやパスタの種類・値段や味についても調査!

ベースフード(BASEFOOD)の口コミが良いって本当?パンやパスタの種類・値段や味についても調査!

「完全栄養食」として呼び声の高いベースフード(BASE FOOD)。パン・パスタ・クッキーの3種類が主な商品ですが、それぞれ豊富なフレーバーが用意されており毎日取り入れても飽きない工夫が施されています。各商品には1日に摂取したい栄養素が多数含まれているほか、意識しないと不足しがちな成分を補うことも可能です。

そこで今回は実際にベースフードを購入した人から寄せられた口コミや、各商品で補える栄養素などについてご紹介します。お気に入りの商品やフレーバーを見つけ、美味しく手軽に健康を維持していきましょう。

こちらの記事では、

  • ベースフード(BASEFOOD)の口コミが良いって本当?
  • パンやパスタの種類・値段や味についても調査!

 
についてご紹介します。

ベースブレッドは太る可能性アリ?効果的な食べ方やダイエットにおすすめのアレンジなどをご紹介!
ベースブレッドは太る可能性アリ?効果的な食べ方やダイエットにおすすめのアレンジなどをご紹介!美味しく食べるだけで1日に必要な栄養素が摂取できると話題のベースフード。中でもパンタイプのベースブレッドは、手軽さはもちろんアレンジレシ...

ベースフード(BASEFOOD)の口コミが良いって本当?

「かんたん」「おいしい」「からだにいい」の3つの観点を過不足なく満たしていると話題のベースフード。既に多くの方が試しており、有名インフルエンサーや芸能人のSNSで紹介されているのも目にします。

まずは「ベースブレッド」「ベースパスタ」「ベースクッキー」の3種類の商品について、実際に食べてみた方の口コミをピックアップしてご紹介していきましょう。




ベースブレッド(BASE BREAD)の口コミ

BASEBREADカロリーメイトみたいで好き
よく噛めばそこそこお腹膨れるし
午後1:36 · 2022年2月7日

 

こちらも手軽な栄養食として知られる「カロリーメイト」にも似ており、栄養を重視していても食べにくさは感じないという声が多く見られました。少々硬めに作られており、よく噛むことで満腹中枢の刺激にもつながります。
 

 


 

ベースブレッドを定期的に食べている方の多くが、そのまま食べるのはもちろんサンドイッチやハンバーガーのようにアレンジを楽しんでいるようです。お好きな具材を挟めば食べやすくなるだけでなく、野菜の食物繊維やビタミン類などをさらに摂取することも可能です。
 

 


 

そのままでももちろん美味しいベースブレッドは、忙しい朝にも開けるだけで食べられるのがポイント。お子さんの朝ごはんとしても出すだけで完了するため、空いた時間でゆとりのある朝を過ごせそうですね。
 

 


 

一部のコンビニで販売されていることからも、手軽に購入しやすいと評判のベースブレッド。プチプチとした食感が珍しく、プレーン味でも十分に満足できます。
 

 

レンジで温めると柔らかくなり食べやすいベースブレッドですが、記載時間よりも少し長めに温めることでよりふかふかとした食感を楽しめるという声も。日々の食事に取り入れていく中で、自分の好みに合った食べ方を模索するのも良いですね。
 

 




ベースパスタ(BASE PASTA)の口コミ

もちもち食感が特徴のベースパスタは、ソース次第で無限にアレンジができるのも魅力の一つです。糖質が抑えられていることもあり、ダイエット中の方なども食べやすいのが嬉しいですね。
 

 


 

お気に入りのカップ麺などの残り汁でベースパスタを食べれば、栄養の摂取&大好きな味が同時に叶います!捨ててしまうはずの残り汁を有効活用している方も多いようですよ。
 

 


 

ソース&ごま油でお手軽にアレンジを楽しんでいる方も。いつもお家にあるものでアレンジができるのも、忙しい方にとって重要なポイントとなるでしょう。
 

 


 

また、一部ではベースパスタの味が苦手だったという声や、「磯の香りがする」「酸っぱい」などのコメントも見られました。パスタそのものに濃い目の味付けがされているため、できるだけ濃い目のソースを合わせるのがおすすめだそう。

 





ベースクッキー(BASE Cookies)の口コミ


 

1袋食べるとかなりカロリーを摂取してしまうこともあるクッキーですが、ベースクッキーは1袋でも150キロカロリー程度。小腹が空いた時のおやつ代わりとしても役立ちます。
 

 


 

「ココア味」はかなり栄養食らしい味付けで好みが分かれるとの声がある一方、新フレーバーとして登場した抹茶味やさつまいも味は普通のクッキーと遜色ない味のようです。つい食べすぎてしまうほどの美味しさ、という方も!
 

 

サクサクというよりは、ザクザクという食感が特徴のベースクッキー。硬めの食感がよりお腹に溜まり、罪悪感なく食べられるといったコメントも多く見られました。

 





▲ 目次に戻る

パンやパスタの種類・値段や味についても調査!

続いて、良い口コミが多数寄せられているベースフードについて、それぞれの商品ごとに詳細を確認していきましょう。含まれている栄養素はもちろん、アレルギーや1日の摂取目安量なども併せて参考にしてみてくださいね





ベースブレッド(BASE BREAD)

フレーバーの種類と値段

プレーン

・値段:156円~
・アレルゲン:小麦・卵・乳・大豆
・1日の摂取目安:2袋

 

チョコレート

・値段:164円~
・アレルゲン:小麦・卵・乳・大豆・ゼラチン
・1日の摂取目安:2袋

 

メープル

・値段:172円~
・アレルゲン:小麦・卵・乳・大豆
・1日の摂取目安:2袋

 

シナモン

・値段:172円~
・アレルゲン:小麦・卵・乳・大豆
・1日の摂取目安:2袋

 

カレー

・値段:180円~
・アレルゲン:小麦・卵・乳・大豆・牛肉・豚肉・りんご
・1日の摂取目安:2袋

 

含まれている栄養素

 

ベースブレッド1袋に含まれる栄養素(プレーン)

タンパク質・n-3系脂肪酸・n-6系脂肪酸・糖質・食物繊維・食塩・亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リン・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK・葉酸

各フレーバーごと、栄養素の量に若干の違いはありますが、ほとんどの栄養素が1日の基準値を超えています。




ベースパスタ(BASE PASTA)

フレーバーの種類と値段

フェットチーネ

・値段:312円~
・アレルゲン:小麦、大豆、卵
・1日の摂取目安:1食(月に20食)

 

アジアン

・値段:312円~
・アレルゲン:小麦、大豆、卵、乳
・1日の摂取目安:1食(月に20食)

 

含まれている栄養素

 

ベースパスタ1袋に含まれる栄養素(フェットチーネ)

タンパク質・n-3系脂肪酸・n-6系脂肪酸・糖質・食物繊維・食塩・亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リン・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK・葉酸




ベースクッキー(BASE Cookies)

フレーバーの種類と値段

ココア

・値段:136円~
・アレルゲン:小麦・卵・大豆・アーモンド
・1日の摂取目安:4袋

 

アールグレイ

・値段:136円~
・アレルゲン:小麦・卵・大豆・アーモンド
・1日の摂取目安:4袋

 

抹茶

・値段:136円~
・アレルゲン:小麦・卵・大豆・アーモンド
・1日の摂取目安:4袋

 

ココナッツ

・値段:136円~
・アレルゲン:小麦・卵・大豆・アーモンド
・1日の摂取目安:4袋

 

さつまいも

・値段:136円~
・アレルゲン:小麦・卵・大豆・アーモンド
・1日の摂取目安:4袋

 

含まれている栄養素

 

ベースクッキー1袋に含まれる栄養素(ココア)

タンパク質・n-3系脂肪酸・n-6系脂肪酸・糖質・食物繊維・食塩・亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リン・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK・葉酸





▲ 目次に戻る

まとめ

今回は健康志向の方におすすめのベースフードについてご紹介しました。お得な定期購入ならば、1食わずか100円台で味わえるベースフード。過度な食事制限や運動をしなくても、食事を置き換えるだけで健康を目指せるお手軽アイテムといえますね。