美容・ファッション

ダーマペン失敗のリスクと実際の事例を解説!施術後に失敗しないための対処法とポイントをご紹介

毛穴やニキビ跡など、さまざまな肌トラブルに効果があるとされるダーマペン。近年はリーズナブルに受けられるクリニックが増えており、以前に比べ気軽に試せるようになりました。

高い効果を誇る一方で、ダーマペンによる失敗のリスクもチェックせずにはいられません。肌に無数の穴をあける施術だからこそ、失敗によって何ヶ月も悩まされる事例も少なくありません。今回はそんなダーマペン失敗のリスクと共に、安全に受けるためのポイントを確認していきましょう。

こちらの記事では、

  • ダーマペン失敗のリスクと実際の事例を解説!
  • 施術後に失敗しないための対処法とポイントをご紹介

 
についてご紹介します。

ダーマペン失敗のリスクと実際の事例を解説!

ダーマペンとは、肌に微細な穴をいくつもあける施術です。傷がふさがる力を利用し細胞の生まれ変わりを促進することでシミやくすみなどを排出されやすくしたり、コラーゲンの生成を促し弾力のある肌を目指したりするもの。これに加え肌悩みに合った薬液を塗布することで、通常よりも浸透しやすくなるといったメリットもあります。

単に肌に針を刺すだけに思えるダーマペンですが、実際は「どこに」「何回」「どのくらいの深さで」行うかといったテクニックの必要な施術です。経験豊富な医師による施術でなければ、失敗する可能性もゼロではないでしょう。

ダーマペン失敗で起こりうるトラブル

・ニキビがたくさんできる
・腫れや赤みが1ヶ月以上治らない
・新たなシミがたくさん増える
・肝斑が濃くなる

通常、ダーマペンの施術後には赤みや腫れ・痛み・かゆみといった症状が見られます。これは正常なダウンタイムであり、一週間程度を目安に引くことが多いでしょう。我慢できないほどの痛みであったり、一ヶ月近くもダウンタイムが長引いたりする場合は、必ず施術元のクリニックに相談しましょう。

また、ダーマペンを行った後は細胞の生まれ変わりが促進されるため、肌の内部に眠っていたシミや今後できる予定だったニキビが一気に現れることがあります。一見「悪化した」と感じてしまいがちですが、その後綺麗になるための前段階であると覚えておきましょう。もちろんこちらも、長く続く場合や痛み・かゆみが強い場合は相談の必要があります。




▲ 目次に戻る

施術後に失敗しないための対処法とポイントをご紹介

施術する側のミスによりダーマペンを失敗してしまうケースもありますが、安全にダーマペンを受けるためには利用者側の工夫も必要不可欠となります。肌のコンディションが万全の状態で施術に臨むために、以下のポイントに注意しておきましょう。

ダーマペンを安全に受けるためのポイント

・肌が乾燥していないか
・日焼け後など、炎症を起こしていないか
・活動中のニキビはあるか
・肝斑はあるか
・生理中など、ホルモンバランスの乱れはないか
・妊娠/授乳中ではないか
・禁忌とされる病ではないか
・施術1ヶ月以内に他の美容施術を受けていないか

妊娠や闘病中の場合は避けるべきなのはもちろん、他の美容施術や脱毛などの直後にダーマペンを受けることはできません。乾燥や日焼けにより赤みや痛みが強く出たり、シミが残ったりするリスクもあるため、肌の状態が落ち着くまでは施術を控えましょう

また、目の下に左右均等に現れることが多い「肝斑」は、ダーマペンによって濃くなる可能性があります。一見分かりにくくても薄い肝斑ができつつあるケースもあるため、不安な場合は目の下を大きく避けて施術してもらうと良いでしょう




▲ 目次に戻る

まとめ

便利かつ効率的な施術であるからこそ、経験と症例が豊富なクリニックを選びたい「ダーマペン」。利用者側の準備も万全に行い、頑固なニキビ跡や毛穴の悩みを解決に導いてもらいましょう。まるで赤ちゃんのようなツルツルの肌を目指すために、事前のリサーチを入念に行ってくださいね。

error: Content is protected !!