便利帖

淡路島「くわがたの森キャンプ諭鶴羽ダム」でひっそりソロキャンプ体験レビュー

昨今はキャンプブームですね(*´艸`*)

シーズン時期はどこのキャンプ場を訪れても人がいっぱい、、、。予約が取れないことも多々あるのではないでしょうか。

そこで今回は、穴場で落ち着いたキャンプ場「くわがたの森キャンプ-諭鶴羽ダム」を紹介します。


穴場!くわがたの森キャンプ「諭鶴羽ダム」

くわがたの森キャンプ「諭鶴羽ダム」は庫県南あわじ市神代浦壁になります。

「くわがたの森キャンプ-諭鶴羽ダム」は「さつきの園キャンプ場」と隣接しています。

二つとも無料キャンプ場で、予約不要です。

管理人は不在です。

敷地内であれば自由にテントを張ることができます。

オートキャンプ場ではありませんが、付近に車を止めることができるため、荷物の運搬は比較的ラクです。





入り口への道のりは左回りが正解!

ダム湖を囲むように道路があり、キャンプ場は道沿いにあります。

地元の方は左回りで車を走らせていました。

ローカルルールに従うほうが無難ですね。

ちなみにわたしは誤って右回りで行きましたが。

一台車とすれ違いましたがイヤなな顔一つされませんでした。

散歩をしている地元?の方も皆さん落ち着いた雰囲気で、安心できます。

「さつきの園キャンプ場」と「くわがたの森キャンプ-諭鶴羽ダムどっち??

訪れたときはどちらが「くわがたの森キャンプ-諭鶴羽ダム」か分かりませんでした。

無料キャンプ場で予約不要なのでどちらでもよいのですが。

二つのキャンプ場は歩いて数分の距離になるため、実際行ったときに人が少ないほうを選んでもよいかもしれません。




おすすめポイント:トイレあり

男性トイレ・女性トイレ両方あり、多目的トイレもあります。

水道はありません。二つのキャンプ場で一つのトイレになります。

「くわがたの森キャンプ-諭鶴羽ダム」付近にあるため、「さつきの園キャンプ場」を利用する時は数分ほど歩かなければなりません。

丁度よい野営感キャンプ場

冒頭でも述べましたが管理人不在の無料キャンプ場であるため、若干野営感があります。

中級キャンパーであればうれしい条件ですが、初心者キャンパーには難易度が高いです。

また野生動物出没の看板がありました。

人が少ない、落ち着ける、自然を楽しめる、そのような場所はそれなりのリスクもありそうです。

最近では女性キャンパーも増えてきました。

もう少し設備が整った安心できる場所でも良いかもしれません。





おすすめポイント:自然豊かな絶景

さてさて、到着してひとやすみです。

2組の夫婦がいました。少しあいさつをしてから。

自然の景色に癒されながらゆっくりと時間を過ごします。本当に静かなところです。

草木の匂いが心地よいです。


自然の中で食べるご飯が最高

お昼ごはんはこれから。

自然の中で食べるものはなぜこんなに美味しいのでしょうか。


お米も上手に炊けました。

ところで、キャンプでお米を食べたいけど炊き方が分からない、という方がおられます。

非常に簡単です。

まずお米を入れます。

水の分量は、入れたお米に人差し指で触れた状態から第一関節までです。

あとはお水が沸騰するまで炊いて、数十分蒸らせば完成です。

今回もその方法で行いました。


ちなみに夕食は厚切りベーコンです。、、、つまみ的なものばかりですみません。






焚火でチルな時間を満喫

日もおちてきて焚火タイムですね。最高です。

焚き火をするなら、近くにたくさん枝や朽木があるので、薪を持参する必要はないかと思います。

焚火を楽しんだあとはぐっすり寝ます。


今回も充実したキャンプでした。この場所にはまた行きたいですね。

非常に穴場のキャンプ場でした。

利用されている方、地元の方も皆さん優しそうで。

自然と人に癒されたキャンプでした。

「くわがたの森キャンプ諭鶴羽ダム」まとめ

「くわがたの森キャンプ-諭鶴羽ダム」のおすすめポイントをご紹介しました(^^)

住所:〒656-0452 兵庫県南あわじ市神代浦壁

▼グーグル・マップ

管理人:不在です

料金:無料です

予約:不要です

トイレ:あり

水道:ありません

駐車場:あり

error: Content is protected !!