便利帖

シャボン玉液の作り方が知りたい!家庭にあるものだけでできる基本の配合をタイプ別にご紹介!

シャボン玉液の作り方が知りたい!家庭にあるものだけでできる基本の配合をタイプ別にご紹介!

100円ショップなどでもさまざまな種類が販売されているシャボン玉。男の子・女の子問わず昔から大人気のおもちゃですが、一度遊び始めるとすぐに液が終わってしまいますよね。時には転んで盛大にこぼしてしまうなど、「もう1回やりたい!」と駄々をこねられることも……。

そこで今回は、家庭にあるものだけで簡単に作れるシャボン玉液の配合をご紹介したいと思います。なかなか割れにくいものや、驚きのアイテムを使うものなどさまざまなタイプがあるシャボン玉液。いざという時のために、1つマスターしておきましょう!

こちらの記事では、

  • シャボン玉液の作り方が知りたい!
  • 家庭にあるものだけでできる基本の配合をタイプ別にご紹介!

 
についてご紹介します。

シャボン玉液の作り方が知りたい!

シャボン玉液 作り方3

 
シャボン玉液が足りない!となった時、まず思いつくのが「洗剤」と「水」。とりあえず手近にあった石けんを使って作ってみても、なかなか思うようなシャボン玉ができなかった、という経験はありませんか?実は一般に販売されているシャボン玉液には、「水」や「界面活性剤」の他に「増粘剤」という成分が含まれており、割れにくく丈夫なシャボン玉を作ることができるようになっています。

つまり、家庭で作る際も「増粘剤」に変わる成分を加えればよいのですが……問題はその配合。適切な分量で混ぜることで初めて、綺麗なシャボン玉づくりが楽しめるのです。

また、販売されているシャボン玉液のボトルは、どれも小さくてすぐに終わってしまうものばかりですよね。これは「全国シャボン玉安全協会」により、子供が誤飲しても害の少ない量に定められているから。大容量のボトルも売られていますが、お子さんに渡す際は小さなボトルに詰め替えてあげましょう。





▲ 目次に戻る

家庭にあるものだけでできる基本の配合をタイプ別にご紹介!

シャボン玉液 作り方

 
それではさっそく、さまざまなシャボン玉液の作り方をご紹介します。

基本の作り方

・水:10ml
・台所用洗剤:10ml

こちらはもっとも基本の作り方です。ポイントは、水道水ではなく「精製水」を使うこと。加湿器などに使う精製水をお持ちの場合、不純物が含まれていないため割れにくいシャボン玉が出来上がります。また、混ぜる台所用洗剤は「界面活性剤」がより多く含まれているものがおすすめですよ。

割れにくいシャボン玉液 その1

・水:10ml
・台所用洗剤:10ml
・洗濯のり(PVA表記があるもの):50ml

こちらは、洗濯のりの粘性を活かした割れにくいシャボン玉液です。ホウ砂水と混ぜれば手作りスライムなども楽しめるため、この機会に洗濯のりを購入してみても良いですね。

割れにくいシャボン玉液 その2

・水:20ml
・台所用洗剤:1ml
・ガムシロップ:5ml

こちらはコーヒーなどに入れるガムシロップを使ったシャボン玉液です。このほか、はちみつやお砂糖でも同様に割れにくいシャボン玉液を作ることができますよ。砂糖を使う場合はお湯に混ぜるなどし、溶け残りの無いように注意しましょう

割れにくいシャボン玉液 その3

・ヒアルロン酸入り化粧水:20ml
・台所用洗剤:数滴

こちらは、なんと水すらも使わない方法。洗剤の量がわずか数滴と少ないのにも関わらず、いつまで経っても割れない丈夫なシャボン玉に仕上がります。保湿力を謳う化粧水にはヒアルロン酸が入っていることも多いため、お手持ちのスキンケアアイテムをチェックしてみてくださいね。





▲ 目次に戻る

まとめ

シャボン玉液 作り方2

 
今回はご家庭でも簡単にできるシャボン玉液の作り方をご紹介しました。小さな工夫1つで格段に割れにくいシャボン玉液を作ることができます。さまざまな材料を用意し、お子さんと作り比べてみるのも素敵ですね。