便利帖

初日の出スポット【2022】三重県おすすめベスト5!

今年も後わずかとなってきました。

コロナも少しずつおさまってきて来年は久し振りに初日の出を見に行こうと思っていませんか?

いろいろな初日の出スポットがある中でどこにしようなんて悩んでいるのではないかと思います。

実は私も今年は初日の出をみに行きたいと思っている1人なのですがどこにしようか迷っています。

そこで今回は伊勢神宮もあり初日の出の帰りに参拝もできるし観光スポットも多い三重県の初日の出スポットを調べて見たいと思います。

参考になればいいなと思います。

初日の出スポット【2022】三重県おすすめベスト5

三重県にはたくさん初日の出スポットはありますが今回はベスト5を厳選して注目したいと思います。

1.二見興玉神社 夫婦岩

まず三重県の初日の出スポットで一番有名なのがここ二見興玉神社(夫婦岩)になります。

この神社は御祭神に猿田彦大神を祀り、開運や家内安全・交通安全に御利益があるといわれています。

高さ9mの男岩と高さ4mの女岩を長さ35mの大注連縄で結ぶ夫婦岩が有名で元日から三が日で多くの人が訪れます。

さすがに初日の出としては有名だと感じますが一度はこの夫婦岩から見てみたいと思います。

 

住所 〒519-0602 三重県伊勢市二見町江575

駐車スペースは30台ほどありますがお正月には臨時駐車場もあります。





混雑具合はというと元旦は当然ですが観光地もかねているせいか終日混雑していますが最も混雑しているのはやはり初日の出の時間帯で2・3日は午前10時くらいから混雑予想が出ています。

ちなみにこちらでは風も強く吹くことから屋台が出ることはありません。

夫婦岩は大岩は男岩・立岩(たていわ)・小岩は女岩・根尻岩で成り立っておりその両方をあわせて「夫婦岩」と呼ばれています。

しかしそれは明治以降のことでそれまでは総称して「立石」といわれており親しみを込めて「立石さん」と呼ばれていました。

その立石を神門とし、興玉神石の遥拝所を設けたのが当社の信仰の始まりなのです。

ここは天候が良い明け方には夫婦岩の間から富士山を拝する事もできるのでおすすめです。

更にここにはたくさんのかえるが置いてあるのですがここは不浄汚穢を禊祓う霊場ということから蛙を戴いて小児の痒、腫物その他病痛の邪気を祓って必ず快癒といわれ奉納されています。

今でも御参拝の人が無事かえる・貸したものがかえる・若かえるなどの縁起のご利益もあります。

写真などで元旦には夫婦岩の間から!!なんて思っているかもしれませんが実はそこからの初日の出は見られませんので注意してください。

太陽は山の向こうから昇ってきますが神秘的なことには変らないので一度行ってみるのもいいと思います。





2.鳥羽展望台 食国蔵王

私も一度初日の出ではなかったのですが家族でここに訪れた事があり海が一望できてすばらしかったのを覚えています。

残念ながら私たち家族は見られませんでしたが、知人はここから富士山を見たといっていました。

天気がよければ富士山まで見られるこの展望台はおそらく初日の出のときは絶景ではないでしょうか。





場所はこちらです。

住所 三重県鳥羽市国崎町3−3

電車で来ても駅から車が出ないといけないので車かバイクが必須となります。

初日の出の予定時刻は朝6時55分から7時頃で無料駐車場が250台あります。

駐車場にはゲートがありますが1月1日だけは午前2時にオープンします。

ただし2日からは通常の午前9時からとなるので気をつけましょう。

更に5時からは軽食・売店はねやすめがオープン6時からはレストランがオープン(5:30~レストラン整理券配布します)します。

寒かったりおなかがすいた時も安心なのでこの展望台はおすすめです。

元旦の早朝営業のため夕方には早めに営業終了の可能性があります。

毎年午前5時30分には万社になっている事が多いので早めに行きましょう。





3.大王崎

大王崎の美しい風景は、多くの画家たちにも親しまれ「絵かきの町」としてそして白亜の灯台として有名です。

日の出予定時刻は朝6時59分で大王埼灯台から少し離れたところから灯台を交えた日の出を見るのが最もオススメです。

住所 三重県志摩市大王町波切

大王崎では中学生以上300円が参観寄付金として必要ですが小学生以下・障がい者(介助の方1人まで)は必要ありません。

駐車場は完備していないので周辺に停める事となりますが300円~500円で全て有料となっています。

ここの灯台は階段で頂上まで登る事ができるので初日の出を見たらぜひ登ってみるのもいいと思います。





4.横山展望台

日本有数のリアス海岸美を誇る英虞湾(あごわん)は約60の小島と幾重にも折り重なるように突き出た半島となっています。

その伊勢志摩地域の特徴美しい海と緑からなるこの風景を一望できるのが志摩市にあるこの「横山展望台」なのです。

しかも展望台というと車で山奥まで行かなければ行けないと思いがちですがここは国道167号線の大通りからも近鉄鵜方駅からも車ですぐにいけるのでとても便利です。

住所 三重県志摩市浜島町迫子

無料駐車場が28台完備されていますがここがいっぱいの場合「横山ビジターセンター」に広い駐車場があるのでそこにも停められます。

大型・中型・自転車を含む2輪車は駐車できないので注意しましょう。

ここのおすすめポイントはサンダルでも歩きやすそうなだらかな坂のアプローチをあるいていくと「天空のカフェテラス」と呼ばれている展望台につきます。

ベビーカーや車いすも押しやすいようになっていてだれでもすばらしい景色を堪能できるようになっています。

このテラスからちょっと温かい飲み物でも飲みながら見てみたい景色です。





5.安乗崎灯台

ここは人混みは避けたい・初日の出をしっかりと撮りたいという人に絶対のおすすめ場所が安乗崎灯台(あのりさきとうだい)です。

ここの灯台は珍しい四角形の灯台として日本で20番目に完成したもので「日本の灯台50選」にも選ばれている白亜の美しい灯台なのです。





やはり初日の出は格別なものがあります。

場所:三重県志摩市阿児町安乗

駐車場:無料駐車場完備でバイクも停めることができます。

駐車場までの道のりが狭い道ですが駐車場自体は大型でとても広いです。

灯台料金:300円(中学生以上)

展望台は富士山と水平線からの初日の出が同時に見える絶景スポットで灯台からの景色は遮るものがないから写真にもきれいに撮ることができます。

そしてもう一つのおすすめポイントは元旦には毎年「初日の出と富士山を見る会」の方達が甘酒や伊勢海老汁やフグ汁を振舞ってくれるのです。

毎年振舞ってくれるようですが2022年はいろいろ調べましたがまだその情報は上がっていませんでした。

情報がわかり次第更新したいと思います。

注意点は灯台は風がかなり強い場所に灯台があるので防寒対策をしっかりしていくようにしましょう。





初日の出スポット三重県ベスト5まとめ

2022年の三重県の初日の出スポットはいかがでしたか?

三重県は海に面していることからパノラマが広がっているというところが多いです。

更に遠く富士山が望める所も多いので元旦早々得した気分になります。

灯台も多いので登って初日の出を見るのもいいのではないでしょうか?

三重県には他にも多くの初日の出スポットもあり元旦でも観光地は開いていることも多いので楽しめると思います。

今年はコロナでいろいろな行事が中止されており初日の出も例外ではなかった所が多かったと思います。

だからこそ来年は初日の出からいい事がありますようにと願いたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。