美容・ファッション

アロエジェルの偽物に注意!本物との違いや見分け方をご紹介!

アロエジェルの偽物に注意!本物との違いや見分け方をご紹介!

リーズナブルかつ大容量で注目を浴びている「アロエジェル」

緑色の容器が特徴的ですが、いざ店舗に行って探してみると、何だか似たような商品がたくさん……と感じたことはありませんか?どれが本物なのか、また偽物の成分に違いはあるのかなども気になるところです。

今回はさまざまな種類が販売されているアロエジェルについて、それぞれの違いや見分け方についてご紹介します。

どれも似たようなデザインで見間違えやすいため、今回ご紹介するポイントを参考に選んでみてくださいね。

こちらの記事では、

  • アロエジェルの偽物に注意!
  • アロエジェル類似品と本物の成分は同じ?
  • 本物との違いや見分け方をご紹介!

についてご紹介します。

アロエジェルの偽物に注意!

巷で「アロエジェル」と呼ばれ人気を集めているのは、「NATURE REPUBLIC(ネイチャーリパブリック)」から発売されている「スージングアンドモイスチャー アロエベラ92% スージングジェル」という商品です。

商品名にあるように、アロエベラエキスを92%配合したぷるぷるのジェルが特徴ですね。

そもそもアロエベラは「食べて良し塗って良し」といわれるほどさまざまな効果を発揮する植物。

特に肌に塗布した場合、保湿だけでなくシミの元「メラニン色素」の生成を抑える効果も期待できるといわれています。

顔はもちろん、体全体にお使いいただけるため、全身くまなくしっとりとした美肌を目指せるでしょう。

一方、ドラッグストアやドン・キホーテなどで売られているアロエジェルに違和感を覚えた方も少なくないはず。

実はアロエジェル、同じ緑色のパッケージでいくつもの類似品が販売されているようです。

とはいえこれらの類似品も、粗悪なものや悪い成分が入っている……というわけではありません。

あくまでもネイチャーリパブリックのものではない、というだけで、一般的なアロエベラのジェルと同じだと考えてOKです。

それでも、テレビや雑誌・インフルエンサーなどがこぞって紹介しているのと同じアロエジェルがほしい……と思う方も多いでしょう。

続いての見出しでは、ネイチャーリパブリックとその他類似品の違いや、見分け方についてご紹介しましょう。

 




 

アロエジェル類似品と本物の成分は同じ?

アロエジェルの類似品と本物の違いを見比べるには、入っている成分についても気になるところです。

アロエベラ成分の含有量はもちろんですが、他にどんな成分が含まれているかで決めるのも良いですね。

もっとも、幅広く売られているアロエベラ製品は、その他の美容成分をそれほど配合しておらず、リーズナブルな価格での提供を実現しています。

アロエベラ自体に保湿や鎮静、美白効果などが期待できるため、添加物などの「余計な成分」が入っているかどうかも確認しておくと良さそうです。

まず、こちらがネイチャーリパブリックのアロエジェルに含まれる成分一覧です。

水/Aloe Barbadensis Leaf Juice/BG/DPG/フェノキシエタノール/エタノール/グリセリン/ポリアクリル酸グリセリル/フェノキシエタノール/PG/カルボマー/PEG-60水添ヒマシ油/TEA/1,2-ヘキサンジオール/ベタイン/フェノキシエタノール/EDTA-2Na/パルファム/ポリグルタミン酸/ヒアルロン酸Na/トウキンセンカ花エキス/ミドリハッカエキス/メリッサエキス

初めに表示されているものがもっとも多く、後になるにつれて含有量が減っていきます。アロエベラエキス「Aloe Barbadensis Leaf Juice」は、水の次に多く含まれていることが分かりますね。

また、トウキンセンカ花エキスは色素沈着を抑制する効果が期待できるほか、ミドリハッカやメリッサといった自然由来の成分が香料として使われているのも安心できるポイントです。

一方、類似品である3商品の成分一覧をまとめてみてみましょう。

トップフェイス アロエベラ スムージング&モイスチャージェル 100%

アロエベラ葉水/1.2-ヘキサンジオール/エタノール/グリセリン/プロピレングリコール/BG/フェノキシエタノール/トリエタノールアミン/カルボマー/PEG-60水添ヒマシ油/香料/アロエベラ葉/シマカンギク花エキス/スベリヒユエキス/スイカズラ花エキス/ショウヨウダイオウ根エキス/キハダ樹皮エキス/安息香酸デナトニウム/アロエベラ葉エキス/ジプロピレングリコール

MEDIHIEAL アロエベラ ハイドロジェル 92%

アロエベラ葉水/1.2-ヘキサンジオール/エタノール/グリセリン/プロピレングリコール/BG/フェノキシエタノール/トリエタノールアミン/カルボマー/PEG-60水添ヒマシ油/香料/アロエベラ葉/シマカンギク花エキス/スベリヒユエキス/スイカズラ花エキス/ショウヨウダイオウ根エキス/キハダ樹皮エキス/安息香酸デナトニウム/アロエベラ葉エキス/ジプロピレングリコール

ハイジドルフ アロエベラ スーディングジェル 97%

水/アロエベラ液汁/グリセリン/フェノキシエタノール/TEA/カルボマー/エタノール/PEG-60水添ヒマシ油/ベタイン/ヒアルロン酸Na/エチルヘキシルグリセリン/アラントイン/EDTA-2Na/BG/マグワ樹皮エキス/スベリヒユエキス/コメヌカエキス/ダイサンチク葉/茎エキス/リョクトウ種子エキス/メシマコブエキス/ハマメリス葉エキス/カミツレ花/葉エキス/ユーカリ葉エキス/セイヨウサンザシ果実エキス/ツボクサエキス/香料

3品中2品は、水よりもアロエベラエキスの方が多く含まれていることが分かりました。

中でもMEDIHIEALのアロエジェルは、アロエベラ葉水やアロエベラ葉本体、アロエベラ葉エキスなどあらゆる部位の成分を配合しています。

ちなみに、今回ご紹介した4種類の製品には、体に悪影響を及ぼす添加物は一切配合されていませんでした。

よく話題に上がる「安息香酸」が見られますが、安息香酸デナトニウムの場合は製品に苦みをプラスし、誤飲防止の役割を担うようになります。

 




 

アロエジェル本物との違いや見分け方をご紹介!

「本物」「偽物」というと語弊が生じてしまいますが、一般的に本物といわれるネイチャーリパブリックの製品がこちらです。

 

よく見るアロエジェルの画像ですが、注目していただきたいポイントが3つあります。

 

まず第一に、「アロエベラ92%配合」であることを確認しましょう。

類似品には90、95、98、99、100%などさまざまなものがあり、どれも高配合には変わりませんがネイチャーリパブリックとは別の物になります。

数字がもっとも見やすいポイントであるため、まずはこちらを意識してみてくださいね。

 

続いて、ネイチャーリパブリックのロゴが入っているかどうか、またホログラムシールに「ORIGINAL」の文字があるかどうかを確認します。

完全に別ブランドの製品として売り出されているものは良いですが、中にはネイチャーリパブリックに酷似させた粗悪品も出回っているようです。

このシールは傾けると「正品」という文字が見えるようになるため、お手に取って確認できる場合はこちらもチェックしておきましょう。

ちなみに、ネイチャーリパブリックではないブランドから発売されているれっきとしたアロエジェルには以下のようなものがあります。

 

 

 

どれも韓国コスメであり、美容大国のすごさが分かる一品です。

価格も1,000円に満たない程度のリーズナブルさであるため、お見掛けの際はぜひ試してみてくださいね。

一方、このようなブランドに紛れ、どこの物かもよくわからない商品はむやみに試さないことをおすすめします。

 





 

アロエジェルまとめ

ネイチャーリパブリックからは、アロエジェルをはじめさまざまなプチプラアイテムが発売されています。

お気に入りのものをいくつか揃えるだけで、美しい韓国女性に一歩近づけたような気持ちになれますね!さっぱりとしたテクスチャは、触っているだけでもリラックスできそうです。